2018カフェレポート④ 「だめでいい、だめがいい」

こんにちは!
2/27に行われた花まるカフェ「だめでいい、だめがいい」のレポートをお届けします。
スピーカーは、高濱さんが、日本一の数学講師と称える栄光学園の井本先生。
お母様方からは、こんなコメントを頂きました。


「一人ひとりの感性を大切に」
・・・我が子を見ていて、「このままで大丈夫かな…?」と思う事もしばしばなのですが、たまに「この子ってすごいかも…?」と思う言動も(親ばかですが)。先生のお話を聞いて、もっと彼の事を認めてあげないと、と思いました。

・・・私自身がついつい自分と違う感性を嫌がったりしてしまうところがあります。それは子どもに対してもそうだったと思いました。親として、子どもの感性を楽しむことの大切さに改めて気づかされました。


「子どもをコントロールしようとしない」
・・・子どもが頑張っている今、私も意識して自分の中の「私ルール」をその時々で見直していこうと思いました。

・・・子どもの悪い所を変えさせようと注意してしまう日々。夫の悪い所にも目がいってしまい、イライラしてしまう事が多いが、今回お話を聞いて反省し、変えさせようとするのではなく、今の良い所を一緒に褒めて、面白がる事を実践したいと思います。子供だけでなく、すべての人に当てはまるお話だと思いました。

他にも、こんな言葉が印象に残られたようです。

「学校は目的の無い場所」
・・・学校で何か身に付けて欲しいと思うことが多かったと思うのですが、”身に付けさせるのではなく、持っているものに気付かせてあげる”という言葉に感動しました。


当日は先生の同級生や教え子も参加された、とても賑やかな会となりました。
参加された皆様、貴重なご感想をありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。
(お父様方も大歓迎です!!)




花まるカフェマスター 菊池
Previous Post前の投稿 ホーム